教育制度

Curriculum

イラスト 一定の評価制度により、業務における個人の能力差を解消。

サービスの質の向上を図っています。

教育研修

私たちは、患者様やお客様としっかりコミュニケーションをとるため、調剤の技術と合わせて人間性を磨いていくことを大切に考えています。 また、患者様だけでなく医師や看護師とも接する機会が多くあるため、ビジネスマナーについても重要なものと捉えています。
こうした点から入社後のビジネススキル研修に力を入れているほか、職種やキャリアに応じた教育プログラムを整備。 外部講師を招いた研修や、海外研修なども積極的に行い、薬剤師としての長期的なキャリアを後押ししています。

1年目の教育カリキュラム

新人研修・OJT研修など

調剤業務の目的・理由を理解し円滑にこなす。
薬剤師の職能を理解し、様々な法制度を学び、それに則って業務を行う。
患者様に対する臨機応変な対応を身に付ける。
幅広い薬識を身に付ける為に、薬局内、或いは外部の勉強会に参加する。

2年目の教育カリキュラム

インストラクター研修・集合研修・在宅医療研修など

1年間取得したものを、理由付けを持って新人薬剤師を指導できる。
薬識に加え、幅広い病識を身に付けそれを元に服薬指導を行え、薬の適正指導に努める事ができる。

3・4年目の教育カリキュラム

社内外の中堅研修・新任管理薬剤師研修など

慣れからくる思い込みによる調剤過誤に細心の注意を図る。
通常業務に加え、薬局の運営全般に配慮し管理業務を理解する。

5年目以降の教育カリキュラム

様々な研修へ参加(日本薬剤師研修センター、薬学フォーラムゆうきなど)

店舗間の効果的・効率的な運営方法を習得する。
地域の医療に携わる薬剤師としての態度を身につける。

随時実施する教育カリキュラム

接遇研修、製品説明会、リスクマネージメント研修、症例検討会

> カリキュラムの詳細プログラム
Copyright © 2015 kyouwa hospital Co.Ltd. All right Reserved.